​『呼吸』について

About lungs

​突然ですが、肺には筋肉が無い。ということをご存じでしょうか?

私たちが普段、何気なく行っている呼吸は、心臓のように無意識のうちに肺が動き、収縮運動をもたらしているわけではありません。​

肋骨の間にある筋肉や、横隔膜の動きなどにより、伸ばされたりしぼんだりして、肺は収縮させられます。

つまり、周りの筋肉の動きが硬いと上手く機能しないということ。

とくに、横隔膜は重要で、息を吐くときは横隔膜は緩むのが正しい動き方です。しかし、ストレスや緊張で収縮したままの横隔膜では、うまく緩むことが出来ず、息がきちんと吐けません。

吐き切れていないから、吸うこともできない。

酸素不足は、眠気を襲い・集中できず・疲れも取れないので、

それを補おうと、浅い呼吸を沢山繰り返します。

肩こり・腰痛などの慢性的な強張りは、肺の動きを阻害します。

呼吸と感情は密接な関係があり、自律神経を整えて実現する良質な睡眠は、正しい呼吸が有効です。

呼吸が変われば、人生が変わります!

難しく考える必要はありません。

本来あるべき状態に、身体の機能を戻すだけ。

意識をしただけで、身体の中心が暖かくなってくるのがわかるはずです。

​呼吸に意識を向け、毎日をハッピーに過ごしましょう!

呼吸・睡眠に関する講演、企業内マッサージ導入等については、

お問い合わせフォームより、質問内容をお送りください。

㈱Olika 

東京都大田区新蒲田2-18-7

Tel: 03-4500-8003

Mail: balance@olika.co.jp

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagram

© 2019 by  Help breathing バランス課